fx 初心者 失敗

fx 初心者 失敗、FX初心者が失敗しないためには口座開設が重要!
fx 初心者 失敗、FX初心者が失敗しないためには口座開設が重要!>FXで利益を上げるには>何に投資をすれば最も利益が上がるのか

 投資で利益を上げるために最も大事なことは何に投資をするかということです。投資する対象を大きく分けると、次の7つが上げられます。株 商品、不動産、債券、為替、投資信託、貯蓄などです。これらの投資対象の中のどれを選ぶかによって、ほぼ利益が出るかどうかが決まると言っても言い過ぎではありません。


何故かというと、投資対象を決める時に考えなければならないことは、これから最も上昇が期待できるものは何かです。これから上昇が期待できるものを選んでおけば、後はどのようにして利益を取ればいいのかを考えるだけです。



 それでは、これから上昇が期待できると考えられる投資対象をどのようにして探せばいいのでしょうか。


まず考えなければならないことは、時代の流れです。経済学者のコンドラチェフは経済の60年周期説を唱えました。ハリー・S・デント・ジュニア氏は70年周期説を提唱しています。私は、どちらの説も正しいと考えています。なぜなら、経済の周期は人間の営みの結果として現れます。


人間の営みが変われば当然周期も変わります。コンドラチェフの時代に比べて、人間の寿命は延びているのですから、経済の周期も長くなっているはずです。


経済周期はインフレ、デフレ、安定した期間があります。60年で考えると分かりやすいと思います。この3つの期間がほぼ同じ期間で循環していると考えると、各々の期間は20年です。20年周期でデフレ、インフレ、安定と変化していると考えると投資すべき対象も20年周期で変えなければならないことが分かります。


今がこの3つの周期のどれに当たるのかを考えることです。それが分かれば後は自動的に、投資すべき対象が決まります。


それでは、デフレの時代には何に投資すればいいのかというと、物が豊富にあるので、お金に価値がでます。デフレになればなるほどお金の価値が上昇していきます。デフレの期間は、お金を現金で持っておくのがベストです。その次は、貯蓄と債券です。利息を加味して何に投資すべきかを選択してください。


インフレの期間は、デフレとまったく逆です。お金を持つことが最大のリスクです。インフレの期間は物を持つべきなのです。インフレの時には、原油、穀物、貴金属などの商品に投資するのが最も良いのです。その次は、株と不動産です。これらの投資対象の中でも、やはり良いものと悪いものが存在します。


これから少子高齢化が進み人口が減少していく時に、不動産に投資をしても利益を見込むことはできません。不動産の価格が暴騰するのは、歴史的に見ても人口が爆発的に増加する時だからです。




Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.