fx 初心者 失敗

fx 初心者 失敗、FX初心者が失敗しないためには口座開設が重要!
fx 初心者 失敗、FX初心者が失敗しないためには口座開設が重要!>トレンドを捉えるには>経済の80年サイクル

 歴史のサイクルについて、もう少し短い周期で考えることにします。
人間の寿命の範囲内にあるサイクルを考えます。


皆さんも一度は聞いたことがあるはずです。それは約50年周期のコンドラチェフサイクルです。コンドラチェフは、技術革新のサイクルに着目した循環モデルを考えました。最近は、50年じゃなくて60年だと主張している学者もいるようです。


そして、最近注目されているのが、ハリー・S・デント・ジュニア氏のサイクルです。彼は人口特性トレンドを重視した未来予測で有名な人です。その著書『バブル再来』の中で、経済のライフサイクルは人間と同じ80年だと言っています。


景気には「革新(インフレ)」、「成長ブーム」、「淘汰(デフレ)」、「成熟ブーム」の明確な4つの季節があると言います。人間に置き換えると、青年期、成人期、中年期、引退後に当たるんだそうです。また季節で言えば、春夏秋冬に似ているそうです。


 ハリー・S・デント・ジュニア氏の考え方を説明するために、その著書から引用します。
「革新」段階の特徴は、革新的な新技術、新製品、新しいライフスタイルなどが生み出され、インフレ率が上昇し、景気が一段と後退する。「成長ブーム」には、「革新」段階で生み出されたものが普及、主流化し、新産業の支配的企業を決める首位争いが繰り広げられ、生産性が上昇し、好況と株価上昇、そしてインフレ率が低下することが特徴です。

「淘汰」段階は、最悪の季節で、企業がバタバタと倒産し、レイオフの嵐が吹き荒れ、デフレが起こり、景気は急激に悪化する。そして、最後は「成熟ブーム」段階で、多くの人にとって最も安定した実りの時期となる。混乱は落ち着き、淘汰段階を経た革新的技術や製品が徐々に普及する。インフレ率は緩やかに上昇し、経済のライフサイクルとともに登場した技術、ライフスタイル、ビジネスモデルが花開く。



 投資と言う視点で見ると、今が経済サイクルのどの時期にあるのかを把握しなければ、投資で利益を上げることはできないということです。経済サイクルの時期に合った投資対象と方法を選んで投資しなければならないということです。


投資で利益を得たいと考えている人は、経済サイクルを把握して、今何をなすべきなのか?を考えなければなりません。それができたうえでなければ、行動してはいけないようです。




Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.